スキンケアと保湿ケア

アトピーの原因の一端が乾燥にある場合もあります。夜中に乾燥している肌を無意識のうちに掻きむしってしまい、朝になって気づいたら腕が赤くなっていたということもあります。つまり、当初は乾燥によって肌がカサカサして痒みが生じたために掻いただけということもあるのです。痒ければ掻いてしまうのが人間ですが、それによって肌がダメージを加えられ、そこがさらに痒くなってさらに掻きむしってしまう悪循環のループに陥る場合があるのです。

アトピーこうしてアトピーになってしまう場合もあります。だからこそ、アトピーになってしまう人が向き合うのはスキンケアを重視する姿勢なのです

肌に水分を与えるべく保湿をしっかり丁寧におこなって、カサカサした肌と決別するアトピーケアが大切なのです。もちろん、すでに赤くなってしまっているならば、その部位に関してはしっかりと治療をしていくことが大切ですが、同時に乾燥肌を変えていくことを考えてください。

赤くなった部分が治っても、肌が乾燥したままであればまた同じ場所を掻いてしまったり、別な場所にもアトピーが広がってしまう可能性もありますので、肌の質を変えていくことが大切です。かなりシンプルな方法ですが、これが意外と役立つことも多いので、ぜひ覚えておきましょう。